職業訓練 | ジムテン <事務職転職お助けサイト>

職業訓練

良い記事だと思ったらシェアして下さい!

このページでは、職業訓練を申し込むところから訓練を修了するまでの、一通りの流れをお伝えします。

職業訓練(ハロートレーニング)とは、ハローワークからの申し込みで職業訓練校と呼ばれる学校(民間運営もあります)に無料で通い、スキルアップやステップアップをすることができる制度のことです。

利用ができるのは「仕事に就いていない人」のみとなっていますが、なんと受講が無料なので、きちんと利用すればスキルアップ等にすごく有効なのですが、意外と世間一般に知られていません。

あなたはこの制度についてどれだけ知っていますか?

きちんと知識を身に付け、転職ライフを有効活用しましょう!

そして当サイトでは、実際に職業訓練校に勤務していた筆者が、これは書いてはいけないのではという本音やギリギリのウラ話までお届けしてみます(まずかったら消去することもあります)。

職業訓練(ハロートレーニング)ってなあに?

冒頭でもお話しましたが、「無料で資格や知識を得ることができて、再就職を有利にするための勉強の場」と考えて下さい。

就職がゴールとなりますので、就職意欲のない人は訓練を受けることはできません(まあ厳密に言うと受けられるんですけどね…)。

期間はたいていのものが3カ月~です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

職業訓練校に講師として在籍していた筆者が様々な視点で、職業訓練について説明。受講希望者の疑問を網羅しているはず。
自称どこよりも詳しい、公共職業訓練を受講するメリットを金銭面以外で(笑)語ります。そして指導側じゃないとなかなか気付けないメリットも…

訓練を細かくわけると色々ありますが、大まかにわけると「公共職業訓練」と「求職者支援訓練」の2つがあります。

ほとんどの方は「公共職業訓練」を受けられると思います。

なぜなら雇用保険(失業手当)をもらいながら訓練に通うことができ、しかも交通費などが支給されるというメリットが非常に大きいからです。
失業手当に関してのお話は以下をどうぞ。

公共職業訓練は、受講料が無料どころか、人によってはお金がもらえてしまうという素晴らしい制度。これはもう通うしかない!(笑)さらに扶養との絡みも併せてまとめました。

職業訓練の流れ(申し込みから終了まで)

簡単ではありますが、こんな感じの流れになります。
ではこの工程についてひとつずつ見ていきます。

1.あなたが受けたい訓練を探しましょう

まずはどんなコースがあるのか確認してみましょう。

公共職業訓練はこちらでコース検索ができます。
ただし都道府県ごとにページのレイアウトが全く違うので、詳しくご説明ができません。
外部リンク 公共職業訓練コースの検索について

求職者支援訓練はこちらでコース検索ができます。
外部リンク 求職者支援訓練 認定コース情報

よくわからなければ、最寄りのハローワークで尋ねてもらうのが一番です。
申し込みもハローワークになりますので、いいなと思えばそのまま訓練の申し込みも可能です。
ただし申し込み期間というものがありますので、その点だけは気を付けて下さい。
またご自分の管轄のハローワークでしか申し込みはできません。

申し込みの手続きの方法だけでは面白くない、ということで狙い目の時期なども書いちゃいました。ただ年度と地域によって変動することがあります。

即決するのが不安な場合は、各訓練校が行っている説明会に参加されることをおすすめします。

ハローワークでも職業訓練について教えてくれますが、やはり実際に訓練を行っている学校にいろいろ尋ねた方が圧倒的に良いでしょう。

2.入校のためには選考試験を突破する必要あり!

各学校には定員が決まっています(だいたい20人前後)。
そして地域によって異なりますが、人気なコースというものが多く存在します。
そのため、選考試験に合格した人だけが訓練を受けることができます。

選考試験の種類は筆記、面接が主ですが、筆記試験と言っても漢字や算数、時事問題と幅広いです。

選考試験に関しては以下の記事をご覧ください。

職業訓練は誰でもウェルカムではなく、選考試験が存在しますが…ポイントさえ押さえておけば楽勝です。また筆者が関わった際に実際に落とした例や後悔した例など、ミニ実録も(笑)
職業訓練の志望動機の作り方をまとめました。ピンからキリまでコツを載せている、まさに決定版!(自称)

合否の決め方のちょっとしたウラ話などは以下の記事をどうぞ。

年齢で合否を決められるのは、就職も職業訓練も一緒のようで…
ここまで書いていいのか?という職業訓練の合否についてのウラ話を書いたつもり。

3.<公共職業訓練のみ>合格したら交通費の申請をします

無事訓練に合格!となった方、合格したら次は入校に向けての準備です。

その一つが、交通費の申請です。

「公共職業訓練」で、「雇用保険(失業手当)」をもらいながら訓練に通うことの出来る人は、交通費をもらうために通学ルートを申請する必要があります。

基本的には利便性などは考慮されず、最短距離での申請となります。

詳しくは以下の記事にて。

公共職業訓練であれば、一定の基準内という制限はあれど、通っている間に交通費が日割りで支給されます。では交通費の決定方法は果たして…?

4.いざ入校!の前にも色々気を付けることがあります

やっぱり通えなくなっちゃった…という場合は、訓練を辞退する必要があります。
当日行かなきゃいいよね、ということではなく、必ず訓練校に連絡をしてあげて下さい。

公共職業訓練を申し込んだ、あるいは合格した後に様々な理由で辞退することは可能です。ただタイミングが割と重要だったりします。

入校される方は、訓練校からの指示をよく読んで、入校に必要なものを揃えて臨んでください。
入校式について色々書いた記事は以下になります。

いざ職業訓練に受かって入校の際に必要なことや、よくある問い合わせ等をまとめました。苗字や住所の変更がある人も訓練校に連絡を!

5.あとは勉強!だけど訓練生活はどんな感じだろう?

訓練生活に関しては以下の記事をご覧ください。
1日の流れや、ちょっとした訓練中の疑問っぽいものもカバーしています。

職業訓練って実際にどんな流れで1日が終わるのか、気になりませんか?そんな気になることをまとめてみました。

なお、公共職業訓練の場合、訓練中に欠席等をした場合は、雇用保険(失業手当)受給者は色々ともらえるお金が引かれていきます。
また休みすぎると出席率が確保できなくなり、退校となります(退校はもう少し後に記事があります)。

雇用保険(失業手当)を受給しながら公共職業訓練へ通っている方は、万が一休んだら手当てがどうなるか気になるところ。そんな疑問を一挙解決?

職業訓練中のアルバイトに関しても書いております。

職業訓練中にアルバイトをしてもいいのか?という質問は多いです。金額的なことよりも、職業訓練運営担当という視点からお話してみます。

また勉強と同時に就職活動を行っていく必要があります。
並行して進めていくのはかなり大変ですが、さまざまな作業を同時に行える力を養う訓練でもあると考えて下さい。

職業訓練って訓練が終わったら就職活動すればいいよね?と考える人はものすごく多いですが、それは間違ってますよーという記事です。
訓練が終わってから就職活動をする人が大変多いですが、それでは遅いのです。逆に言えば「これを守らないと就職できないよ?」ということです。
残念ながら職業訓練を受けてもすぐに就職できるようになるほど甘くありません。簡単に就職出来ればどの学校も就職率100%です(笑)

訓練途中で残念ながら退校を選択しなければならない人もいらっしゃいます。
理由としては就職、体調不良、妊娠、家庭の事情、そして出席率が足りないなど…さまざまです。
退校は悪いことではありませんので、まずは訓練校の担当者に相談してみてください。

退校に関しては以下に色々書いております。

退校の場合は就職・自主退校問わず、訓練校の担当にご相談ください。そんな退校のケースを一挙ご紹介。また委託費に関してもぶっちゃけてみました。
職業訓練は様々な理由で退校することが出来ます。今まであった自主退校理由を一挙ご紹介。そして訓練校側の本音も色々と書いちゃいます。
退校したら失業手当はどうなるのか?お金のことはシビアな人が非常に多いです…。中には手当がもらえないから退校しないなんていう方も数多く。
単なる愚痴のような内容です、不快にさせたら申し訳ありません。でもこれだけ核心をついたことを書いている人は誰もいませんので是非。

6.訓練期間をすべて無事通い終えたら修了となりますが…

密度の濃い時間を過ごしたあなたは、きっと資格や知識を手に入れ、訓練前より1つも2つもレベルアップしたことでしょう。
最終日には「修了式」があります。

訓練がいよいよ終わる…!寂しさもありますが、この時点で内定をもらっていない人はまだゴールではありません。また人によってはもらえる手当てが増えるかも?!

しかしここがゴールではありません。
職業訓練のゴールは「就職」です。
訓練中にきちんと就職活動はしていましたか?

読む人いないかも知れませんが、備忘録くらいなノリで書いてみました。こういう人は目をつけられるよ、ってことで。

就職が決まった、あるいは就職が決まっていなくとも一定期間ごとに訓練校に活動状況の報告をする必要があります。
ここで無事「就職しました」と訓練校に報告ができれば完了です。
そうでない場合は、引き続き訓練校に就職活動状況を、一定期間の間に報告する必要があります。

職業訓練が終わったらそこでサヨウナラというわけにはいきません。努力義務ですがきちんと果たす必要があります。

そして訓練校の立場からすると、「就職させるための訓練」と言えますので、就職率はかなり気をつかっています。

職業訓練に通うと就職指導がやたら熱心です。親身ならいいのですが押し付けは困りますね…。また就職率の計算の裏側を暴露。

訓練中あるいは訓練修了後に、就職支援担当者から上手にサポートを受けながら就職活動をし、期限内に就職を決めてあげて下さい。

他にもこんなこともあります

就職を目指している訓練である以上、就職が難しい立場の人は敬遠される可能性があります。
その代表選手が新婚さんでしょう。
新婚さんあるいは既婚者に向けたメッセージ的な記事がこちら。

事務系の職業訓練は女性が圧倒的に多く、そして新婚さんがなかなかのウェイトを占めます。タイトルを見て「え?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、職業訓練校の本音がここに!

障害者の方も職業訓練にいらっしゃいますので、そのような方へ向けた記事も書いてます。

通常の職業訓練にも障害者の方は少なからずいらっしゃいます。デリケートな部分にはなると思いますが…訓練受講から就職というところまで、本音を書いてみます。

以上が流れです

といった感じで、受けたい訓練コースの選定から最後の就職報告までの流れです。

それぞれリンク先の記事には、訓練に携わっていた人間ならではの視点で色々と細かくて役に立つお話を書いています。

是非目を通してみてください。

スポンサーリンク
初めての広告
初めての広告

良い記事だと思ったらシェアして下さい!