既婚女性(子無)の事務職への就職難易度 | ジムテン <事務職転職お助けサイト>

既婚女性(子無)の事務職への就職難易度

良い記事だと思ったらシェアして下さい!

ring-433651_640

既婚者が正社員で採用される確率は、独身のそれよりぐっと落ちます。

ただし事務職を経験しているか未経験かで大きく変わることもあります。

経験者であればこれからお話することに当てはまらない可能性、つまり採用される可能性がそれなりにあるということです。

また経験はなくとも、関連する業種や職種に勤めていた方も採用の可能性があります(例として、元銀行員が経理に応募するなど)。

ただ、これだけは声を大にして言いたいです。

「もしご自分が人事だったら、常に妊娠して辞める可能性がある自分のことを正社員として雇いたいですか?」
「そのような妊娠等の心配のない方と比較して、あなたを雇うメリットは何でしょう?」

ということです。

スポンサーリンク
初めての広告

既婚者というステータスだけで転職は圧倒的に不利

1.20~30代女性(既婚・子無)の事務職への就職難易度

中小企業は妊娠=退職となる場合がほとんど

特に20代の方などは、まだ若いし…と思われる方も多いと思いますが、「既婚」とつくだけで一気に見られ方は変わります。
それは「妊娠」です。

中小企業では育休はほとんど取得することはできないのが現実であるため、妊娠してしまえば退職してもらわざるを得ません。
育休の現実に関してはこちらの記事にまとめてあります。

若い女性、子育て女性にはありがたい産休・育休制度。確かに法で定められているとはいえ、取れるのが当たり前と思ってませんか?

そのためまだお子さんが見えない既婚者の方は、正社員であれば採用率が極端に低くなります。

仮に妊娠する予定はなく、子どもは欲しくない・予定が無いという積極アピールを行っても、企業側からしたら「そうは言ってもねぇ…」などといった感じで、消極的な傾向にあります。

本当は現実に起こってすらいない、単にその時点では「可能性」でしかない妊娠の有無で合否を決めてはいけないのですが、企業側も痛い目にあっていると思われるため、現実問題としては仕方ないと言えます。

正社員を希望する理由や退職理由を考える

正社員を希望している場合、「なぜ正社員を希望するのか」といった質問をされる可能性があります。
そのため、正社員を希望する理由はしっかり考える必要があります。

また、引っ越しをせず結婚退社という名目で辞めているのなら「また正社員希望なら前職を辞める必要なかったんじゃ?」などの質問もあなたを待ち受けていることでしょう。
この場合は結婚退社という理由は使うことができませんので、他の退職理由を考えましょう。
また同時に、志望動機や上記「なぜ正社員を希望するのか」をしっかり考える必要性が出てきます。

結局、パートや派遣が無難

上記のように、正社員での就業は色々なハードルをクリアしていかなければなりませんので、パートあるいは派遣にしておくのが無難と言えます。

特に派遣は3か月更新のところが多く、長期で働きたい方には不安だと思いますが、逆に言えば妊娠が発覚したら更新をこちらから断ることができるなど、小回りが利きます。

そのため、子どもが出来るまでのつなぎとして働きやすいため、この20代、あるいは30代の既婚子無の方に一番お勧めしたいのが派遣登録です。

管理人がいいなと思う実績のある派遣登録サイトを集めてありますので、登録してみてはいかがでしょう。
いずれも登録無料なのが嬉しいところ。

未経験で事務職に採用されるには並大抵ではありません。 この記事では、未経験者が経験を積むために、「派遣で働く」という選択肢を提...

パートでの就業に関しても記事を書いておりますのでご参照ください。

パート志望だから面接とか適当でも受かるよね? いやいやいやいや、その考えがまさに泥沼っ…!(某福本漫画風)

2.40代以降女性(既婚・子無)の事務職への就職難易度

独身女性の記事と同じく失礼を承知で書かせていただくと、子供は作らないだろうと思われるため採用の可能性はあります。

あとは基本は独身女性と同じですのでそちらをご参照ください。

スキルや経験にも左右されます。
正直、未経験では事務職への就職は厳しいでしょう。

なお、40代前半ですと、わずかながら妊娠の可能性があるため、探られはしないまでも警戒されていたりすることもあります。

終わりに

中小企業では妊娠したら辞めてもらわざるを得ない

そのため既婚でお子さんのいない人は正社員は難しい

パートや派遣なら可能性は十分にある

40代以降の方なら採用確率があがるかも

お子さんがいない既婚者の方で、何十社も受けて落ち続けている人は、「頑張ってる私凄い!」じゃなくて、単なる無謀です。
いい加減現実を見つめましょう、ということです。

何よりも例え妊娠であろうがすぐに辞めてしまったのでは、会社側に迷惑もかかりますし、また次に転職する際も退職理由等を問われたときに「この人は先を考えられない人」だとか「自分主義」と思われてしまい、不利になります。

辛辣な意見が並べてありますが、それだけ厳しいということをよく肝に銘じて下さい。

【↓関連記事が下にありますので、よろしければ是非ご覧ください。】
スポンサーリンク
初めての広告
初めての広告

良い記事だと思ったらシェアして下さい!